インフルエンザQ&A〜妊婦編

  • 2012.10.17 Wednesday
  • 05:57
 
おはようございます、ハートクリニックです。

今週よりインフルエンザ予防接種が始まっています。

今季は予約制をなくしたためか、初日より多くの希望者が接種されています。

そこで寄せられた患者様からのご質問を載せていきたいと思います。


Q.妊娠していますが、妊娠何週目から接種できますか?

A.妊娠初期より接種ができます。
 国際的に妊娠中のインフルエンザワクチン接種は安全で、接種による有用性が危険性を上回るとされています。妊婦さんがインフルエンザに感染した場合、重症化する傾向があります。当院でも多くの妊婦さんがリスクも理解したうえでの、接種することをお勧めしています。



Q.妊婦での接種でのリスク、デメリットはないのですか?

A.母体への副作用、早・流産、催奇形、胎児へのリスクについて評価が行われていますが、接種した場合と接種していない場合とでは危険性は変わりません。インフルエンザワクチン接種での関係はないとされています。
約90%の接種者が免疫を獲得できるので、有用性の方が高いですので接種をお勧めしています。


Q.妊婦への接種のメリットを教えてください。

A.インフルエンザに感染した場合、重症化を防ぐことが出来ます。
また、お母さんが免疫を獲得することにより、胎盤へ介してお腹の赤ちゃんへも抗体が移行します。生れてから6ヶ月間免疫は持続しますので、生れたばかりの赤ちゃんへが重症化することを防ぐことが出来ます。


妊婦さん、また家族の方々ご参考にして下さい。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ハートクリニック

群馬県館林市富士見町にあります。

内科・循環器科専門
9:00〜12:30
(土曜日11:00終了)
14:00〜17:00
水・土曜午後、日・祝日休診

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM